ページ

2012年12月30日

2012年12月30日 代表者コラム:2012年の振り返り



2012年を振り返ってみると、いろいろなことがありました。

いくつか振り返ってみると、

一つ目は、社会に支えられている、ということ。
お客様始め、いろいろなところからご協力を得られているということを
あらためて再認識しました。


二つ目は、いろいろな整理ができたこと。
「断捨離」ということがあるように、
多くのモノがあればいいというわけではなく、適正な量というのがあり、
それ以外は求めているところに放った方がよいというのを再認識。
また、邪気ではないが、用もなく持ち続けると、何かそのようなモノも帯びてしまう。


三つ目は、学校に通い始めたこと。
普段、それほど深く接しない分野を集中的に学ぶ環境に身を置くことで、
習うこと以上に、今までのことを内省し、気づきを得られる、いい機会だと思っています。

その他いろいろとありますが、
2012年は、変化に富んだ一年だったと感じています。


企業と社会のあり方とは、
「いいことをすれば、その分いいことが返ってくる」ミラー的関係性があり、
ただ企業規模が大きくなったりすると、「いいこと」以外のことも生じ、
総合的に「いいこと」にまとめるのが、企業のCSR思考とつねづね思っています。
多少なりとも、「いいこと」が社会に提供できていたらと思います。


来年、2013年も期待。

三嶋浩太

2012年12月30日:代表者コラム 2012年の振り返り 

2012年12月2日

2012年12月2日 代表者コラム:「電気自動車」考


環境イメージ感の強い電気自動車。

最近でも「宮古島市が公用車として電気自動車を導入する」など、
さまざまな自治体などでの導入もあり、県庁舎の入口付近でよく見かける。
実際のところ、電気自動車は、本当に環境によいのか。

電気自動車では、車自体ではCO2等の環境負荷ガスの排出は無いが、
それを別のところで、排出している。

つまり、ガソリンの代わりに使用する「電気」は発電所で作っており、
それらは、風力・太陽光などの自然エネルギー由来もあれば、
火力等の化石燃料由来などが混在している。

上に出てきた、宮古島市のある沖縄電力での直近の電気事業者の環境負荷は、
1kWhを生成するのに発生しているCO2は、「0.692 kg-CO2/kWh」である。

国土交通省がまとめている「自動車燃費一覧(平成24年3月)」によると、
http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr10_000014.html
仮に、普通の自動車と、電気自動車が100km走った場合、

(普通の自動車)
車種:マツダ デミオ P3
排出量:1.298L
総重量:1010kg
JC08モード 燃費値  25(km/L)
100km走るのに、
→ 4Lのガソリンが必要
→ 4×2.3Kg- CO2/L= 9.2 Kg-CO2
  ※ガソリン1L のCO2排出量:2.3Kg- CO2/L

(電気自動車)
車種:三菱 iMEV
総重量:1,070kg
JC08モード 燃費値  110 Wh/km
100km走るのに、
→ 110*100=11,000Wh= 11kWh の電気が必要
→ 11kWh × 0.692 kg-CO2/kWh
→ 7.612 kg-CO2

普通の自動車:9.2 Kg-CO2
電気自動車: 7.6 kg-CO2

電気自動車の方が、Co2排出量は、確かに低いが、
間接的には排出しているということを無視してはいけないだろう。

今回、自動車の例として取り上げた、「マツダ デミオ」は、
ガソリン車でありながら、ハイブリッド車並みの低燃費を実現したと称される車。

また、ガソリンのエネルギー効率は20-30%であり、
無駄に捨てているエネルギーもあることから、
その効率を高めることで、さらに発展の余地があるのではないだろうか。

※上の内容は、電気自動車を否定、あるいは当該商品を推奨しているものではなく、
客観的に比較し、考察しただけの内容です。

2012年12月2日 代表者コラム:「電気自動車」考

2012年11月18日

2012年11月18日 代表者コラム:花のあるオフィス空間

会社の場所を、表参道に移して、早くも3週間。

表参道は、今まで、訪問エリアの一つで、
それほどじっくり見ることも少なかったですが、
日常エリアとして動いていてみると、
見えることや発見などもいろいろとあります。

最近、面白いと思ったのが、
通りの人に花を無料(*)で提供している、このお店。
※花のとなりのカップに、気持ちをいくらか入れる感じ。



殺風景になりがちなオフィスに、
机の上に一輪の花でも置くと、雰囲気が変わり、
「花のある空間はいいものだ」
と改めて感じます。

ちょっとしたことで、雰囲気や気分等を変えるモノ。
たとえば、
・文具や手帳を新しくする
・早起きしてみる
・服装の趣味を変える
など、大きな変化はしなくても、そういった小さな変化だけでも、
「人のやる気」は変わるもので、
そういう「やる気」こそが、生産性の向上につながるものだったりします。

人間、非論理的なモノの影響を受けやすい生物なのだと思います。

そういう、雰囲気や気分等を変えるアイテム的なモノ。
何か憧れます。


三嶋浩太


2012年11月18日 代表者コラム:花のあるオフィス空間

2012年11月5日

2012年11月05日 代表者コラム:オフィス移転


今月、11月に
飯田橋から西麻布へ、オフィス移転。

この移転は、
・断捨離
・働き方を変える
・環境を変える
そんな目的があります。

飯田橋に来て約3年。
スタッフ数人の小さな所帯でありながら、
必要かと思い入手し、全く使わないモノや
昔の案件で使ったモノなど、
無駄なモノがなんとなく溜まってきます。
今回は、そのようなモノを一掃して、断捨離。
かなりのモノを捨てまくり、
かなり身軽な状態となりました。


また、
会社にとって、オフィスとは何たるかを考えた時、
工場のような装置産業と違い、
必ずしも、従来のオフィスの概念である必要はないと思います。
「ノマド」という働き方があるように、
場所・時間を問わず、働ける環境というのも可能で、
とは言うものの、本当に遊牧民のように、根無しというわけにはいきませんが、
最低限の固定場所があり、定期的に集まる仕組みがあれば、
会社という機能は実現できるのではないかと考えます。


さらに、「飯田橋」という土地は、
JRや地下鉄などが使えて、交通の便はよいものの、
繁華街の持つ猥雑性があり、落ち着いた場所というわけではなく、
そういう環境の異なるところはないかと思っていました。
今回は、根津美術館にも近く、本当に静かな場所となりました。

この移転が、吉と出るかどうかは、これからの様子見です。

2012年10月1日

2012年10月1日 代表者コラム:ツバルの森が個人投資家向けイベントを行う理由


弊社・ツバルの森では、
この4年間で、東京・大阪や様々な地域で、
個人投資家向けイベントを開催し、
のべ120社のご出展、5500人以上の個人投資家の皆様にご来場いただく、
という形になりました。

環境やCSRを行っている、ツバルの森が、
「どうして個人投資家向けイベントを行っているのか」
と聞かれることがあります。

弊社のビジネスの基本概念は、「社会的課題を解決する」です。
当初は、環境分野から始まり、様々な分野でいろいろな取り組みを行っています。

そのような「社会的課題」の一つに、
「増え続ける日本国の借金」という社会的課題が存在します。


■増え続ける、日本国の借金

日本国の毎年の収支を見ると、
約90兆円の支出を行い、
税収入としては約40兆円、
足りない分、約40兆円は国債発行で補う。
という構造です。

一方、今までの日本国の国債発行は約900兆円。
上収支で足りない分が、これに加算してくるようになります。
今から約30年前の1983年では100兆円。
30年間で、約800兆円もの借金が増えてきたわけです。
※上数値は、おおよその数値です。

wikipediaにある図を引用すると、以下のような感じです。



■少ない、未来への投資

また、約1500兆円あると言われている、
日本の個人金融資産の分配状況を見ると、
大半が「現金・預金」という形で保有し、
国にとって次の税収入のタネとなる、「株式」へ分配が約7%と、極めて少ない状況です。

参考に、米国は、全体約50兆ドルの個人金融資産があり、
「株式」には約16兆ドル(30%)が分配されています


■馴染みにくい「株式」
この背景には、
・「株式」投資は自分は関係のないもの
・「株式」投資は危険・怖いもの
・「株式」は難しくて、よくわからない
・「株式」投資先の企業を何を基準に選べばよいのかがわからない
といった、日本人全体の金融リテラシーの不足があると考えられます。

フィナンシャル・プランナー、いわゆる「FP」という資格があり、
そういう受験する際に、生きていく上で必要なお金の知識を学ぶことができますが、
普通の人は、生まれ・育ち、大学から社会人となり、キャリアを積み、定年・リタイアするまで、
自ら学ぼうとしない限り、そのような知識に触れることはほとんど無く、
もっぱら「預金」や「保険」がメインになっているのではないかと考えられます。


■内在している企業の魅力

「株式」投資は、主に上場企業への投資となり、
従来は、「成長します」という話がメインで、
それらの魅力度を基準に、投資の検討を投資家が行っていました。

これ以外にも、
ESG(環境、社会性、ガバナンス)やCSR的要素など、
実は、様々な魅力を企業は内部に持っているものの、
そのような点が、世の中に知られておらず、潜在していることが多く見られます。


■イベントという形態で、企業の魅力を体感・共感できる場を実現

上述のような企業魅力の内容を、知っていただくことは、
その企業のファン(株主)となり、
金融資産の「株式」への誘導につながるのではないかと考えます。

そのためには、
企業と個人投資家のコミュニケーションの場というイベントの形態により、
企業の魅力を体感・共感し、深く知っていただくことで、
「国民の金融資産の再分配への誘導」を目指していることと言えます。

もちろん、
このようなイベントを行ったからと言って、
抜本的に解決できるわけではなく、影響は微々たるものですが、
何かしらのムーブメントが起こせればと考えています。


三嶋浩太

2012年7月27日

2012年7月27日 インターンコラム:夏のインターン2012

【内容】
 ・企業送付資料のセットアップ
 ・イベントのフィードバック調査
 ・イベント申込者の登録受付

【感想】
(青山学院大学・O)
 資料セットアップでは、受け取った方が気持よく見れるように、丁寧に折ることや、付箋付、順番を揃えたりするのが大変でした。登録作業は、予想以上に集中力のいる作業でした。ミスが許されないので丁寧にやらなければならないが、限られた時間内に終わらせるように、手早くやるのが大変でした。

(日本大学・M)
 お客様に送る資料だったので、慎重にまとめることが大変でした。イベントの参加者のフィードバック調査では、参加者の考え方・満足度が伺え、今年のIRフォーラムでのサポートに参考になると思いました。今回のイベントの参加者から満足してもらえるように、私たちもしっかり運営サポートしていこうと思いました。

2012年7月24日

2012年7月24日 インターンコラム:夏のインターン2012


【内容】
 ・顔合わせ
 ・スケジュール決め 
 ・リサーチアシスタント

【感想】
(東京工芸大学・S)
 イベントのリサーチ結果を見ていると、プレゼンテーションの大切さが伝わってきました。そして、参加された投資家の方も、環境のことであったり、経営のことだったり、といろいろな知識を持っておられて、アンケートの中にも、そういう点に注目していることがわかりました。

2012年7月24日 インターンコラム:夏のインターン2012

2012年7月23日

2012年7月23日 インターンコラム:夏のインターン2012初日


本日から、学校の単位となるインターンの学生の来社の初日!
顔合わせ中心に、これからの数日間でやることなどを、一通り説明です!


【内容】
 ・顔合わせ
 ・スケジュール決め 
 ・グループディスカッション「未来の環境について」

【感想】
(鎌倉女子大学・M)
 ・環境問題について考えたことはあったが、「未来の環境」については、深く考えたことがなかったので、よい経験となりました!

(横浜国立大学・S)
 ・1つのテーマに対する多数のアイデア出しの効率的な方法が学べました!

(青山学院大学・O)
 ・たくさんの意見を聞くことができ、学ぶことができました!


2012年7月23日 インターンコラム:夏のインターン2012初日

2012年7月22日

2012年7月22日 代表者コラム:会社訪問

現在、桑沢デザイン研究所のSTRAMD(戦略経営デザイン)に通学していて、
先週末に受講生自身が企画した自主講義に参加してきました。

今回の会場は、受講生のオフィスで、
このオフィスはWebデザイン関係の会社。
指定された場所は、大井競馬場に近い、倉庫街。

倉庫街に近づいても、まわりは倉庫だらけで、オフィスらしき建物がなく、
住所にある「C-201」という表記から、Web会社によくある、アパートかマンションかと思い、
その近くにある、そういう建物を探しても見当たらず、
同じように探している人たちと途中合流して、なんとかオフィスに辿り着きました。

本当に倉庫の中にありました。


そのオフィスは、大型倉庫の中にあり、
本来ならば荷物等を収納する物流関係の業務にも使えそうなエリアを、
社長がデザイナーということもあり、自らデザイン・施工され、かなり思いを込めて、
作り込んだオフィス。

かなり広く、初回の人は、かなり圧倒される感じです。
バーがあったり、和室の会議室があったりと、面白い作りの上品なオフィス。




実際には、交通アクセスが大変だったり、
空間が広いので空調の費用が大変だったり、
まわりに飲食店が少なかったり、いろいろなことがあるみたいですが、
クリエイティブ関係の方には居心地の良さそうなオフィスと感じました。

企業のお客様のところにはよく行きますが、
このような会社訪問は久しぶりで、いろいろと参考になることも多く、たまにはいいものです。

三嶋浩太

2012年5月30日

2012年5月30日 インターンコラム(MR):植林ツアーに行ってきました!!

山梨の植林に参加してきました!

当日はピカピカの晴天!

非常に天気に恵まれました!(^^)
しかし途中で高速道路の渋滞に巻き込まれてしまい
時間が大幅に押すというハプニングが...(;_;)

ですが、いざ山梨についてみると
高速道路の疲れも吹き飛んでしまうぐらいの自然の豊かさに驚きました!
特にお寺の門から本堂への杉木の道はとても素敵です!

そしていざ植樹!

少し暑いくらいの天気でしたが山に吹く風がとても気持ちよかったです!
また、ここでトリンプの方や一般のお客様ともお話をすることができ、
非常に楽しく植樹ができました!

帰りがけに去年一昨年に植えたヤマモミジを見かけ、
私たちが植えた苗もこれから何年もかけて大きな気になっていくのかと思うと
とても感慨深くなりました。


そしてお待ちかねのバーベキュー!
私はトリンプの社員さんと一般のお客様とご一緒させていただきました!(^o^)
一仕事したあとのお肉は最高!笑

そして寂しくも山梨をあとにし、東京へ。

あっという間の1日でしたが多くの方とおしゃべりができ、
企業がどのようにして環境活動に取り組んでいけばよいのか、考える機会になったと思います。
今後はここで見聞きしたことも活かし、環境への活動に取り組んでいきたいと考えています。

また植樹ツアーに参加したいです

(MR)

2012年5月30日 インターンコラム(MR):植林ツアーに行ってきました!!

2012年5月29日

2012年5月29日 インターンコラム(FS):植林ツアーに行ってきました!!

5月19日 植林ツアーに行ってきました。

天候は良く植林日和になりました。
しかし、行きのバスは渋滞に巻き込まれ・・・5時間の長旅(^^;)笑
お客様には小学生もいたので少し心配でしたが、
現地では元気いっぱいに動きまわっていたので
楽しんでくれていたと思います!!!


植林は私も初めての体験でした!!!

現地の植林組合の方に説明を聞き、
植林をする際のポイントをいくつが教えていただきました。
石をとる・・・苗は引っ張っても抜けないよう、土を固めるなど・・・

中でも大変だったのは「穴を掘ること」です!
土は固く、大きな石がたくさんあり、深く掘ることにお客様も苦戦していました(><)

お客様も私たちスタッフも汗を流しながら頑張りました(^0^)♪
私たちが植えた苗が50年後・・・100年後・・・と立派な森になることを期待します!!!

植林後はバーベキュー★
(行きの渋滞の影響で・・・すでに時刻は16時半をまわっていました。笑)

自然の中で食べるお肉は一味違いました~
お客様とも植林で交流を深めた後だったので、その日一番の盛り上がりでした(*^^*)

帰りは渋滞もなく、無事に品川に到着!!!

とても充実した1日になりました。
学生時代にこういった体験を出来たことは、私にとって良い経験となりました!!!
ありがとうございました!!!

(FS)

2012年5月29日 インターンコラム(FS):植林ツアーに行ってきました!!

2012年5月25日

2012年5月25日 代表者コラム:ブドウの木



我が家のベランダに、何年か前から、小さなブドウの木があり、
冬は葉を散らして、枯れ木の状態で越し、枯れたかなと思うと、
春先になると枝から新芽を出してきて、自然の生命力・循環性を感じる。

この季節の葉は、若々しいという表現がぴったりなくらい、柔らかい緑色。

いつの日か、ブドウの実ができて、ワイナリーでもできたらなと夢想。

三嶋浩太

2012年5月25日 代表者コラム:ブドウの木

2012年5月24日

2012年5月24日 代表者コラム:たんぽぽ



4月の終わり頃に、花の時期を終え、
綿毛をつける、たんぽぽ。
密集したところが幻想的だったので、一枚撮影。

たんぽぽの英語名は、”dandelion”。
ギザギザした葉がライオンの牙を思わせることから、
「ライオンの歯」を意味するダン=ド=リオン(dent-de-lion)の
フランス語に由来とか。

三嶋浩太

2012年5月24日 代表者コラム:たんぽぽ

2012年5月22日

2012年5月22日 インターンコラム(KI):初挑戦!!


今日のインターンは初めてのことに挑戦させていただきました。

午後から表参道にあるワークショップ会場へ訪問し、
どんな感じになるかイメージを膨らませて打ち合わせを行いました。

6月初めのワークショップが初参加になり、
階下から漂う、いい香りの中でどんなお話が聞けるのか楽しみです。
帰社後、インターンの先輩2人と顔合わせをし、
別のワークショップについて打ち合わせ。

短時間しかお話できずに残念でしたが、
これからイベントを進めるにあたって経験者に聞けるというのは心強いなと一安心です。
その後初のテレアポに挑戦。
緊張する中3件中1件成功することができてかなり嬉しかったです。
分かりやすく伝えるのにはまだ時間が必要だと反省。

社長にチョコレートもらったので、やる気をもっと出してがんばります!

そんな、初めてのことがたくさんの一日でした。
これからもがんばります!!

(KI)

2012年5月22日 インターンコラム(KI):初挑戦!!

2012年5月21日

2012年5月21日 代表者コラム:クレマチス


つる植物として人気があり、
「蔓性植物の女王」と呼ばれている、
クレマチス(Clematis):別名 鉄仙。

現在では2,000種を超える交配品種が生み出されているとか。

@クレマチスの丘、静岡県・三島市

三嶋浩太

2012年5月21日 代表者コラム:クレマチス

2012年5月18日

2012年5月18日 インターンコラム(MR):明日は植樹ツアー!!

先日は植樹ツアーの最終打ち合わせに参加しました!

インターンの私たちは就活後に参加したので二人ともスーツ!
それもあって打ち合わせはより気持ちを引き締めて参加できました!(・ω・´)

今週土曜日は待ちに待った植樹ツアー!
しっかりとツアーのサポートができるように気合いを入れて
(ちゃっかり就活の息抜きもしつつ)
ケガなく楽しく終えられるように頑張ります!

当日は晴れますように!

(MR)

2012年5月18日 インターンコラム(MR):明日は植樹ツアー!!

2012年5月17日

2012年5月17日 インターンコラム(FS):アースデイ参加感想

先月、4月に代々木公園で開催されたアースデイ東京で、
植林ツアーの一般参加者を募るため、ビラ配りをしました!

当日の天候は…2 日間とも風が強くとにかく寒かった(笑)
ですが、公園には多くの方々が訪れていました!
なので私たちも寒さに負けず頑張りました(^^)
一般の方の植林に対する興味や感心は私たちの想像以上に高かったです。
また、年齢問わず多くの方とお話も出来て私自身もいい刺激を受けた2日間でした。

当日は子ども向けの『日本の森林に関するエコクイズ』も用意しました。
内容は大人でも少し悩んでしまうものでもあったのですが…小学生凄い!!!
全問正解続出でした(^o^)

アースデイには多くの企業が出展しているため、
様々な取り組みを知るよい機会にもなり、私たちも楽しむことが出来ました。
2日間て700枚近くのビラを配りました。
一般的の方にもツバルの森で行われている植林活動を知ってもらって、
日本の森林を守って行きたいですね。
また、植林ツアーは普段とは違った形で心のリフレッシュが出来るはず!
私たちもこのツアーがより楽しみになりました!!!

(FS)

2012年5月17日 インターンコラム(FS):アースデイ参加感想

2012年4月27日

2012年4月27日 代表者コラム:海の生き物の大きさ



海の生き物は、地上と比べると、重力の束縛が弱いのか、
大きな生き物が多い。

このジンベイザメの回遊を見て、改めて、そう実感。

ジンベイザメは、約6,000万年前に登場し、現生最大の魚とのこと。

@沖縄・美ら海水族館

三嶋浩太

2012年4月27日 代表者コラム:海の生き物の大きさ

2012年4月26日

2012年4月26日 担当者コラム(ST):アースデイに出展しました! その2


今回のアースデイでは、お子様向けエコクイズを企画し、
約200名のお子様に回答頂きました。




エコクイズは難しい問題が多かったので
ご両親と一緒に考えてもらうことが多く、
意外にお子様の方が詳しかったりして、
学校での環境教育の充実ぶりが垣間見えました。

体験エコツアーも
大学生を中心に、多くのお申し込みをいただき、
大急ぎで参加枠を増やせるように調整しています!
告知サイトがクローズになるまではお申し込みできますので
ご興味ある方は急いで!(笑)

【体験エコツアー のお申込みサイト】
http://www.tuvalu-forest.jp/event/ecotour201205/index.html


エコ意識の高い子供たちや若者が、
そのまま社会人になると、素敵なエコ社会が実現できるのでは!
とても嬉しい気持ちになった二日間でした。

(ST)
2012年4月26日 担当者コラム(ST):アースデイに出展しました! その2

2012年4月25日

2012年4月25日 担当者コラム(ST):アースデイに出展しました!

アースデイに出展しました!

4月21日(土)・(日)は代々木公園にて
アースデイに出展してきました!


昨年参加者は12万人とのことで、
今年はさらに多いのではないかしら・・・という大盛況ぶりでした。

“Earth Day Tokyo 2012  地球のことを考えて行動する日、アースデイ”
http://www.earthday-tokyo.org/

ツバルの森のブースは、
『エコな“気持ち”があれば充分!』というテーマで
エコアクションを起こそう!という“気持ち”さえあれば、
一人でも簡単に参加できる取り組みを紹介。

1000名近い方々に関心を持って頂きました!

例えば・・・・
・切手を木にしよう Stamp to tree
・体験エコツアー
・身の回りのテーマを考えるワークショップ
・野菜を育てて、写真を投稿!ベジだね
・ツバルサポーターズ(エコビジネスに興味のあるインターン)募集
・お子様向けエコクイズ  などなど。

(つづく)

(ST)

2012年4月25日 担当者コラム(ST):アースデイに出展しました!
------------------------------------

2012年4月19日

2012年4月19日 代表者コラム:マザーリーフ


葉の状態で越冬した、
マザーリーフの新芽を鉢に植え替え。

マザーリーフは、その名前の通り、
水に漬けておくと、葉から芽が出るという、
ちょっと変わった植物。

日本では、沖縄や屋久島等で、お土産で売られていたりする。

今回ので、3代目ぐらいで、
(春)植え
 ↓ 
(夏)大きく伸長
 ↓ 
(秋)枯れる
 ↓ 
(冬)葉の状態で保存
 ↓ 
(春)
 ↓ 
(...)
と繰り返されている。
まさに、自然の循環の営み。

三嶋浩太

2012年4月19日 代表者コラム:マザーリーフ

2012年4月16日

2012年4月16日 代表者コラム:'Chinese New Year Flower'



独特な形の、つつじ科の植物の「ホンコンドウダン」

英名は'Chinese New Year Flower'
自生種がどんどん減って、香港では保護植物に指定されているとのこと。

三嶋浩太

2012年4月16日 代表者コラム:'Chinese New Year Flower'

2012年4月13日

2012年4月13日 代表者コラム:ブドウの木



ベランダにあるブドウの木に、今年も新芽が芽生える。

三嶋浩太

2012年4月13日 代表者コラム:ブドウの木

2012年4月12日

2012年4月12日 代表者コラム:小さな同居人



ベランダにいる、小さな同居人。
植え替え中にご対面。

三嶋浩太

2012年4月12日 代表者コラム:小さな同居人

2012年4月11日

2012年4月11日 代表者コラム:企業の本来のCSR活動

企業の事業活動の社会的価値をどう高めるか。
これこそが、企業の本来のCSR活動。

単に寄付しているとか、そういうことではなく。

最近知った別の表現は「美的・知的」経営。


三嶋浩太

2012年4月11日 代表者コラム:企業の本来のCSR活動

2012年4月10日

2012年4月10日 代表者コラム:東北支援の国予算

被災地復興、東北支援で
本気で何とかしようとしようという表れか、
国が掲げている予算テーマ。

農林水産省
 震災に強い農林水産インフラの構築
 原子力災害対策の取組

経済産業省
 原子力事故・震災から立ち直る
 エネルギー政策の見直し

国土交通省
 東日本大震災からの復興等の推進
 持続可能な低炭素・循環型社会の構築

内閣府
 東日本大震災からの復旧・復興対策

環境省
 東日本大震災からの復旧・復興等に係る重点施策


三嶋浩太

2012年4月10日 代表者コラム:東北支援の国予算

2012年4月9日

2012年4月9日 代表者コラム:桜@小石川植物園



桜を見ると、日本人だなと思います。
@小石川植物園

三嶋浩太

2012年4月9日 代表者コラム:桜@小石川植物園

2012年4月9日 代表者コラム:記憶と記録

最近、なるほどと思った言葉。

「記憶は忘れる、記録は残る。」

その方は、毎日一枚の成果物とその日のメモを記されていて、
その日記を見返すと、新しいアイデアの源泉になるそうです。

三嶋浩太

2012年4月9日 代表者コラム:記憶と記録

2012年4月6日

2012年4月6日 代表者コラム:断捨離ブーム

最近は、公私ともに断捨離ブーム。

ヒト、モノ、カネ、情報、
ちょびちょび行うよりも、
まとめて断捨離した方が、効果は大きい。

世の中、借り物という発想。
手元に滞らせるよりも、循環させる方が、
これも一種のリサイクルで、
環境・社会にやさしく、世の中に役立つ。


三嶋浩太

2012年4月6日 代表者コラム:断捨離ブーム

2012年4月5日

2012年4月5日 代表者コラム:環境意識

ある日、ある時、
環境意識が変わる瞬間。

ケータイを使っていても、
「IT」と思わなくなったように、
それが「環境」と意識しなくなるほど、
世の中に、根付くことが重要。

三嶋浩太

2012年4月5日 代表者コラム:環境意識

2012年4月4日

2012年4月4日 代表者コラム:Q-Cellsが法的整理に

今週初めの新聞の中に、
「ドイツの太陽電池メーカーQ-Cellsが法的整理に」
という内容の記事がありました。

一時期、太陽光パネルで急成長し、
その生産量で日本メーカーを抜き、輝いていた同社。

中国メーカーの低価格製品の追い込みに敗れてしまった模様です。

事業専業であることのむずかしさ、
継続することのむずかしさ
を感じます。

三嶋浩太

2012年4月4日 代表者コラム:Q-Cellsが法的整理に

2012年4月3日

2012年4月3日 代表者コラム:異常気象?の暴風雨

暴風雨が到来。
この日の午後は、ちょうど出先にいて、
3時ぐらいに、駅等で早期帰宅組に出くわし、
昨年の大震災以降、有事に備えて早期帰宅する
ということに、世の中的に敏感になってるとを感じます。

今回の暴風雨は、台風並みと呼ばれる、台風に似た低気圧で、
異常気象の表れとも言われています。

「異常気象」というと、悪のような感じがしがちですが、
気象庁では、
「異常気象」を「過去30年の気候に対して著しい偏りを示した天候」
と定義していて、
「金環日食」のように、希にしか起きない現象の一つだと思います。

長い目で見ると、地球の自然環境も周期的な動きに乗っていて、
そういう視点では、異常気象も「異常」ではないのかもしれません。

三嶋浩太

2012年4月3日 代表者コラム:異常気象?の暴風雨

2012年4月2日

2012年4月2日 代表者コラム:桜の季節が到来

桜の季節が到来。

桜は、バラ科サクラ属サクラ亜属に分類される、バラの一種。
バラほど自己主張が強くなく、
さりげない淡いピンク色は、
日本人の心に響くものだと思います。

実は、身近にところにも桜があり、
百円硬貨の表には桜がデザインされている、とか。

三嶋浩太

2012年4月2日 代表者コラム:桜の季節が到来

2012年4月2日 担当者コラム(HK):「個人投資家向けIR活動の目的」

企業のIRご担当者とお会いすると、
個人投資家向けIR活動(個人IR)の目的がわかります。

・個人株主が減少傾向にあるので何か手を打ちたい
・自社ビジネスの顧客層が変化しているので、株主層も変えていく必要がある
・近年の機関投資家との対話の結果、個人投資家も重要視する方針となった
など

ある企業様では、自社のファン株主を増やすために個人IRに取り組まれ、
2年で株主数を数倍に増やし、現在は次のIRステージに向かっておられます。

個人IRは目的によって色々な取り組み方があります。

これからも弊社らしいコミュニケーションをご案内していきたいと思っています。

(HK)

2012年4月2日 担当者コラム(HK):「個人投資家向けIR活動の目的」

2012年3月30日

2012年3月30日 代表者コラム:笑顔で得する動物



@上野動物園

愛嬌のある顔のフクロウさん。
笑顔に見えてしまう、その顔は、
実際の感情が隠れ、
パンダ同様、得する顔。

三嶋浩太

2012年3月30日 代表者コラム:笑顔で得する動物

2012年3月30日 代表者コラム:別れと出会いの季節

本日は、3月最終営業日。

3月は、世の中は、年度末でいろいろと慌ただしく、
また、会社や学校などでは、別れと出会いもあり、
節目の季節と感じます。


「別れ」といえば「断捨離」。

手元にあっても、あまり使うことが少ないものが、案外あるものです。
そういったものは、なかなか処分しにくかったりするものです。

最近読んだ「断捨離」の本で、
「身の回りのものは地球から借りているだけなので、
自分のところにとどめているのではなく、地球に返してあげることで、
必要な人・場所で生かされる」
という発想を得ました。

そうすると、そういったものを手放しやすくなり、
他のところにあげたり、リサイクルしたり、捨てたり、
ということがしやすくなりました。

いろいろなモノと別れることで、
新しいモノとの出会いがあるはずです。


三嶋浩太

2012年3月30日 代表者コラム:別れと出会いの季節

2012年3月29日

2012年3月29日 代表者コラム:CSRの基本

自分で会社というものを始め、
幸いなことに、いろいろなお客様から支持をいただき、
そのニーズに応えるモノを提供することで、お金をいただく、
つまり、社会に求められているものを提供することの存在意義、
これがCSRの基本なんだというのを感じています。

自分もそうでしたが、大企業の中にいると、
どうしても、そのような感覚が希薄してしまいます。
企業の大小関係なく、上のロジックは成り立ち、
企業が、社会に求められるモノを提供し、
それらを実現するために、フロント部門以外に、
企業を支える、ミドルやバックオフィス等の人々の業務がある。

そういう考え方が重要だと私は思います。


三嶋浩太

2012年3月29日 代表者コラム:CSRの基本

2012年3月28日

2012年3月28日 代表者コラム:社会のニーズ

起業された、さまざまな分野の方々にお会いすることが最近多く、
世の中、いろいろなニーズが存在し、
それらをビジネスにする可能性はたくさんあるのだと、
改めて思います。

しかし、ニーズを感じながらも、
自ら起業するには簡単に始められない
日本の風土が存在しているのも一方であり、
そのような障害が緩和されれば、
日本の社会は豊かになり、経済が元気になるはずです。


三嶋浩太

2012年3月28日 代表者コラム:社会のニーズ

2012年3月27日

2012年3月27日 代表者コラム:日経の記事に弊社・調査データが出典

昨日、3月26日付日経速報ニュースに、
「株式投資に対する投資行動に関する調査」結果を取り上げていただきました。

これは、
弊社のイベントにご来場いただく、
個人投資家の皆様に聞いた意識動向をまとめたものです。

・投資先企業の選別志向が高まっている
・20代・30代の個人投資家は「長期投資」志向
・50代以上の投資家は「分散投資」「(企業の)ガバナンス」を重視
という結果がでました。

今回のを調べてみて、特徴としては、
若い個人投資家が長期投資を好まれ、
シニアの個人投資家は、資産を目減りさせないか、という点を重視し、
年齢と逆行する投資期間の余裕度により、
投資リスクの許容度の差が現れていると考えられます。

詳しくは、
http://www.tuvalu-forest.jp/news/pdf/20120326_press_surveyenq.pdf

三嶋浩太

2012年3月27日 代表者コラム:日経の記事に弊社・調査データが出典

2012年3月27日 担当者コラム(YO):役人も人の子

今月3月は、いわゆる年度末で、
当社は補助事業の締め切りで大忙しです。

補助事業は、広辞苑程の厚さにもなる報告書を提出し、
審査を経て、問題が無ければ、晴れて事業の精算となります。

しかし、この報告書がまた厄介な代物で、
当然のことながら、きびし~いチェックが入ります。

そのため、
指摘を受ける・修正対応をする
といった、繰り返し地獄に陥りがちです。

でも、当社が関わる案件では、決してそうなることはありません。

なぜか?

答えは簡単です。
初回からかなり高いクオリティで提出することで、
役人の方々に対して高い信頼を印象づけ、
疑心暗鬼に陥る余地を与えないのです。
役人も人の子ですからね。

(YO)

2012年3月27日 担当者コラム(YO):役人も人の子

2012年3月26日

2012年3月26日 代表者コラム:使用済み切手が続々と

先日、使用済み切手を森林再生を行う、
「Stamp To Tree」のことを、新聞で取り上げていただき、
使用済み切手をお送りいただく方が、多数現れま始めています。

お送りいただきました切手は、
きちんと、森林再生に使わせていただきます。

後日、枚数等をご報告させていただきます。

三嶋浩太

2012年3月26日 代表者コラム:使用済み切手が続々と

2012年3月23日

2012年3月23日 代表者コラム:ニホンザル@上野動物公園



上野動物公園のニホンザルの山にて、
心地よさそうな、おサルさんに遭遇。

日本人なら共感できるな仕草。

三嶋浩太

2012年3月23日 代表者コラム:ニホンザル@上野動物公園

2012年3月23日 代表者コラム:会社にMacが登場


とある用途のため、Macを入手。
大学生ぐらいまでMac(ジョブズ復帰前で、今ほど面白みがなかった時代のもの)を使っていて、当時は頻繁にフリーズしていた印象がありましたが、久しぶりに使ってみると、そういう使いにくさが改善され、新鮮な感覚です。

Windowsのマウスに慣れてしまうと、Macのはちょっと違和感が。。。

三嶋浩太

2012年3月23日 代表者コラム:会社にMacが登場

2012年3月22日

2012年3月22日 代表者コラム:CSRセミナー

CSRというと
寄付・環境保護とか、そういうイメージがありますが、
私は、「事業を通じていかに社会との共存ができるか」
別の言い方をすれば、
「その会社が社会から感謝できているかどうか」
と考えています。

その実現のためには、
企業の業種・業態により、いろいろな方法があり、
その分、自由度が高いのがCSRだと考えています。

先日、企業のCSR担当者向けにCSR基礎セミナーを実施し、
改めて、そう感じました。

三嶋浩太

2012年3月22日 代表者コラム:CSRセミナー

2012年3月21日

2012年3月21日 代表者コラム:ESGについて その2

ESGについて その1 からのつづき)


短期的収益に志向性が高まり、、株式市場に不祥事等の企業が現れた
この反省から、2006年より「財務・収益等の業績」以外に、
「環境」「社会性」「ガバナンス:企業倫理」といった視点も、
投資評価に組み込むような運動が、国連を中心に始まりました。

2006年の開始時には33機関2兆円の運用資産額で、
直近の2011年10月頃では915機関・30兆円と、
遵守する投資家が増えて来ています。

(しかし、日本では、この考えに遵守していると宣言しているのは、
まだ少ないのが現状です。)

(つづく)

三嶋浩太

2012年3月21日 代表者コラム:ESGについて その2

2012年3月16日

2012年3月16日 代表者コラム:気になる文章

「新しいあたらしいといっても、究極の新しいものというのは何一つないのだ。新しいものは、古いものからのみ生み出されるのである。
(中略)
この、わかりきっている一事を世界の人間たちが再認識せざるを得ない時代がやがてやってくるにちがいないと私はおもう。」

上は、最近目についた文章で、池波正太郎のエッセイに出てくる一節。

司馬遼太郎も、そうですが、
考証材料を集め、多くの時代小説を書き続けてきた方々は、
時代を超えて、人類に共通する事項を見出していたのではないかと思います。


三嶋浩太

2012年3月16日 代表者コラム:気になる文章

2012年3月16日 担当者コラム(YO):ある補助金申請書が、ダントツの評価を頂きました

ある補助金申請書が、ダントツの評価を頂きました!

このBlogの中でも少しずつ紹介している補助事業で、
先日、今年初めに提出した補助事業の結果を頂きました。

もちろん、通過です!(パチパチ)

しかも、なんと嬉しいことに、当該省の担当の方から、
「数十件応募があった中で、1番の評価。ダントツでしたね」
との御言葉。

補助事業は、申請書が通って初めてスタート出来るわけですが、それがなかなか難しい。
ツバルの森にも、ようやくナレッジが溜まってきました。
この事業、まずはこれから1年しっかり取り組んで、
申請内容以上の実のある結果を残せるよう、頑張ります!

(YO)

2012年3月16日 担当者コラム(YO):ある補助金申請書が、ダントツの評価を頂きました

2012年3月15日

2012年3月15日 代表者コラム:ESGについて その1

「ESG」という単語をご存知でしょうか。

これは、株式投資の際に企業を評価する新しい見方です。

2000年代の前半、株式マーケットが好況で、
ホリエモン、村上ファンドなどが台頭していた時代、
投資家は企業に対して収益重視の要求が強く、
企業もそれに応えようとしていました。

そのために、
「本国の社員をカットし、安価人件費の地域で生産する」
「財務的操作で見せかけの利益を作る」
など、企業倫理を度外視した行動する企業も現れました。

そうした中、企業不祥事が発覚し、
エンロンやワールドコム、日本企業中で、
活動を停止した企業があります。

(つづく)

三嶋浩太

2012年3月15日 代表者コラム:ESGについて その1

2012年3月14日

2012年3月14日 担当者コラム(ST):他の個人投資家向けIRイベントの感想

先日、他団体主催の個人投資家向けIRイベントに行ってきました。

会場内イベントが充実していて、
若手、女性、親子など幅広い個人投資家が楽しめる形になっていました。

仕事帰りのビジネスマン・ビジネスウーマンが参加しやすいように
開催時間も夕方以降まで延ばしていたようですが、
当日はあいにくの雨で、来場者数の伸びが厳しいそうで、残念でした。

弊社主催のIRフォーラム東京でも魅力的なコンテンツや集客面などを改善しつつ、
新しい個人投資家層を引き込める方法を考えていきたいと思っています。

(ST)

2012年3月14日 担当者コラム(ST):他の個人投資家向けIRイベントの感想

2012年3月14日 代表者コラム:朝型スタイル

夜残業で1時間するよりも、朝1時間早めに仕事をした方が、生産性は高いと思います。
もともと、学生時代から、深夜ではなく、早朝に試験勉強などを行っていて、
早朝の時間は世界に自分一人しか起きていないというような優越感で、
勉強などがはかどっていた記憶があります。
(実際には、他にも誰か起きている人はいるわけですが。)

作家・村上春樹氏も似たような考えで、
早朝4時から小説を書いているという記事を雑誌で読んだことがあります。


三嶋浩太

2012年3月14日 代表者コラム:朝型スタイル

2012年3月13日

2012年3月13日 代表者コラム:使用済み切手回収中

一般者参加型のソーシャル・エコ プロジェクト
「切手を木にしよう Stamp To Tree」を、今月より開始しました。

これは、お手元のハガキやお手紙等にある、使用済み切手をお集めいただき、
ツバルの森へお送りいただくことで、森林再生につながるプロジェクトです。

先日、弊社主催イベントでお声掛けしたところ、
多くの方にご協力いただき、けっこうな数の切手が集まりました。
写真はその一部です。



参加無料で、法人・団体・個人でご参加いただくことができますので、
皆さまも、お気軽にご参加ください。

詳細:「切手を木にしよう Stamp To Tree」のURL
http://bit.ly/zckJX6

三嶋浩太

2012年3月13日 代表者コラム:使用済み切手回収中

2012年3月12日

2012年3月12日 代表者コラム:3.11

3.11から1年。
今なお解決が見えていない、大震災と原発問題。
環境分野で事業を行っている弊社・ツバルの森は、
この事象に対して、何ができたかと問われれば、
ほとんど何も提供ができていないと答えるしかないのが現状で、
自分たちの力不足を痛感します。

環境問題は、言い換えれば「地球との共存のあり方」であり、
そういうあり方の実現に向けた、something new を提供できればと思います。

三嶋浩太

2012年3月12日 代表者コラム:3.11

2012年3月9日

2012年3月9日 担当者コラム(ST):IRフォーラム2012大阪、無事終了しました

弊社・ツバルの森主催で、今週末3月3日に、
関西最大規模の個人投資家向けIRイベント
『IRフォーラム2012大阪~環境・安心・豊かなくらし~』
を開催しました。

皆さまのご協力のおかげで無事終了することができました。
ご来場いただきました皆さま、ご出展いただいた企業さま、
ありがとうございました!

天気:晴れ
来場者数:891名(速報値)




イベントは全体を通して大盛況で、
セミナー質疑応答で個人投資家の皆さまからかなり深く突っ込んだ質問が出る、など
出展企業さま、個人投資家の皆さま双方にとって、有益なコミュニケーションの場となったようで、
主催社として、大変嬉しく思っております。

個人投資家の皆さまからいただいた、アンケート結果やご意見等は、
今後のIRフォーラムの運営や、
出展企業さまの個人投資家向けIR活動の改善のご支援に
活かしていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。

(ST)

2012年3月9日 担当者コラム(ST):IRフォーラム2012大阪、無事終了しました

2012年3月9日 代表者コラム:ネーミングの重要性

とあるイベントにて、福島県・喜多方市が出展されていて、
お話をお伺いすると、1年前の3.11に伴う原発問題で、
「福島」という名前が発電所についていたがために、
県全体に対するイメージにも影響し、
今なお、いわゆる風評被害が続いている状況とのことです。

写真は、安全性を訴え、サンプル頒布していたお米です。


たとえば、これが、地元名の「双葉原子力発電所」という施設名であったならば、
このような被害が最小限になり、違う結果にもなったかもしれません。

弊社も「ツバル」という国名を入れさせていただいておりますが、
このようなネーミングは、その命名者・利用者の責任さを感じ入ります。

三嶋浩太

2012年3月9日 代表者コラム:ネーミングの重要性

2012年3月8日

2012年3月8日 代表者コラム:イベントの臨場感

先日、東京国際フォーラムで開催された環境系イベントに、一般来場者として、参加してきました。

ところが、会期中の人が最も入っているべき時間帯で、
写真のような状態で、来場者がすこし少なく、出展団体の担当者も手持ち無沙汰感が。。。



こうなる事態としては、「運営会社の集客対応」「来場すべき人の関心度合い」「天候」などが原因に考えられ、今回は何が原因かは置いておいて。。。

弊社自身も、主催者としてイベントを開かせていただくこともあり、
こういう風に一般者の視点で見ると、
活気の有無は、その雰囲気に対する満足にも影響し、
改めてイベントの臨場感の大切さを感じ入りました。

三嶋浩太

2012年3月8日 代表者コラム:イベントの臨場感

2012年3月7日

2012年3月7日 担当者コラム(SK):補助金活用事例:日本伝統食材業界の活性化

現在、弊社・ツバルの森では、
伝統食材業界団体様を事業主体に、
厚生労働省の平成23年度の補助事業を活用したプロジェクトを行っています。

これは、同業界の平均賃金向上を目的としたもので、
全体統括委員会を設置し、
業界内外講師を招いてのセミナーや製造技術向上の研修会、
消費者の方々に商品特性をご理解頂くコンテンツの開発、
時代変化に対応した新しい構想の立案などを進めています。

その伝統食材業界では、
今週3月10日・11日に東京ビッグサイトでフェアを開催予定です。
フェアでは、本事業で得られた知見や対策を活かした活動も予定しています。

(SK)

2012年3月7日 担当者コラム(SK):補助金活用事例:日本伝統食材業界の活性化

2012年3月7日 代表者コラム:朝型の生活スタイル

私は、ここ2年ほど、午前4時頃に起きる生活になっています。
起きてから午前7時までが自分のこと・家のことを行う時間で、少し休み、
それ以降は会社のことを行う時間に別れていて、
1日が2回あるような感じです。

自分で会社を始めると、公私の時間を分けることが難しく、
自由な時間を持つとしたら、空いている時間帯で時間を自分で作り出すしかなく、
結果的にこのような習慣になっています。


三嶋浩太

2012年3月7日 代表者コラム:朝型の生活スタイル

2012年3月6日

2012年3月6日 代表者コラム:かわいい姿ながら こわい食中植物


ハートのようで、かわいい形をしていますが、
こう見えても、食虫植物の一種で、「モウセンゴケ」という名前。
葉にある粘毛から粘液を分泌して虫を捕獲します。

食虫植物は、日光や水は十分であるが、窒素やリン等が不足している、
いわゆる痩せた土地に生息するものが多く、
不足する養分を捕虫によって得るようになったようです。

まさに生物の生存環境への適合の変化。

撮影場所: 夢の島熱帯植物館


三嶋浩太

2012年3月6日 代表者コラム:かわいい姿ながら こわい食中植物

2012年3月5日

2012年3月5日 代表者コラム:大学の底力

ふと母校の大学をみると、気候変動やエネルギーなどの社会的問題の解決に向けて、大学内にある知を使い、学部等の垣根を超えた、横断的な組織体制で解決策を試みる、そんなプロジェクトをやっていました。
 先日、その成果報告会的なシンポジウムがあり拝聴して、技術や政策、基礎的な技術を応用的な利用に展開するなど、提示される解決方法のバリエーションさに、大学というリソースの奥深さを改めて感じました。

三嶋浩太

2012年3月5日 代表者コラム:大学の底力

2012年3月2日

2012年3月2日 担当者コラム(SK):補助金を活用した社会的問題解決

社会的問題解決に対して、
補助金を活用した事業推進できる仕組みご存知ですか?

今まで、詳しくお伝えしてきませんでしたが、
弊社・ツバルの森は、国や自治体の補助金を活用して、
環境・食・地域等の社会的課題に対して、
その当事者の方々と解決のお手伝いをいくつか進めてきました。
具体的には、
・日本の伝統食材の製造小売業の活性化
・地方におけるご当地グルメの開発
などです。

これから新しいプロジェクトも2件ほど始まります。

それらの進捗や、タイムリーな補助金情報(国・自治体等)や補助金活用のコツなどを
この場で、ご紹介できればと思っています。

(SK)

2012年3月2日 担当者コラム(SK):補助金を活用した社会的問題解決

2012年3月2日 代表者コラム:大阪での個人投資家向けイベント開催

今週末、明日3月3日、大阪にて、
個人投資家の皆さまにお集まりいただく「IRフォーラム2012」を開催をします。

大阪では、2010年から始めて、3回目の開催で、
11社の企業様によるセミナー、
株式講演・特別講演などの内容を予定しています。

いろいろな地で開催していて、
中でも大阪の個人投資家は、非常に熱心な印象があります。
すでにセミナーお申し込み者多数で、お申込み受付が終了となっていて、
現時点でセミナーの聴講のお申し込みを新たに受けることはできませんが、
ご興味ある皆さまは、次回等で、ぜひご参加いただければと思います。


イベントURL
http://www.tuvalu-forest.jp/event/irforum2012osaka/

三嶋浩太

2012年3月2日 代表者コラム:大阪での個人投資家向けイベント開催

2012年3月1日

2012年3月1日 担当者コラム(ST):IRフォーラム2012大阪、間もなく開催です!


弊社・ツバルの森主催で、今週末3月3日に、
関西最大規模の個人投資家向けIRイベント
『IRフォーラム2012大阪~環境・安心・豊かなくらし~』
を開催します。

お陰さまで、
個人投資家の皆さまからのご支持を受け、
イベントご参加に多数のお申込をいただき、
事務局一同、嬉しい半面、改めて身が引き締まる思いです。

今後も個人投資家の皆様に、
「また、参加したい!」と思って頂けるよう、
より魅力的な個人投資家向けイベントの企画・運営を目指しております。

そんな思いから、
「個人投資家の皆さまが、このイベントに参加いただき、どう思われたか」など
実は、全体プログラムのアンケート質問数が、
従来よりも若干多めになっています・・・・。

皆さまからいただきます、
一つ一つの意見をしっかり読ませていただきますので、
ぜひ、ご協力頂けましたら幸いです。

それでは、皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

お気をつけてお越しくださいませ!


---<< 以下 P R >>---<< 以下 P R >>---

ライオン、伊藤園などの大手優良企業や関西の有力企業が多数出展!
IRフォーラム2012大阪、間もなく開催です!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  IRフォーラム2012大阪~環境・安心・豊かな暮らし~
  http://www.tuvalu-forest.jp/event/irforum2012osaka/
  2012年3月3日(土)10時30分~17時 大阪国際会議場
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

(ST)


2012年3月1日 担当者コラム(ST): IRフォーラム2012大阪、間もなく開催です!

2012年3月1日 代表者コラム:「tf-voice」Blogはじめます


この「tf-voice」(「ツバルの森の声」という意味で、「Tuvalu-Forest Voice」の略 )サイトにて、現場の声を紹介するということを始めます。

弊社の活動は、ホームページ等を通じて、いくつかお見せしていますが全てを出しているわけではなく、「何をやっている会社なのか」と尋ねられることがよくあります。

実際は、いろいろ分野のことをおこなっていて、今の段階で、それらをホームページ等でお見せするほど、整理できていなく、また日々変化しているというのが現状です。

そこで、弊社のスタッフ等が、現場で今現在やっていること・考えていること等をblog形式でお伝えすることにしました。

ツバルの森の疑問の解決や活動内容への共感が生まれ、「環境」「ソーシャル・ビジネス」といった領域に関心を持ってもらえればと思います。

三嶋浩太

2012年3月1日 代表者コラム:「tf-voice」Blogはじめます