ページ

2012年3月30日

2012年3月30日 代表者コラム:笑顔で得する動物



@上野動物園

愛嬌のある顔のフクロウさん。
笑顔に見えてしまう、その顔は、
実際の感情が隠れ、
パンダ同様、得する顔。

三嶋浩太

2012年3月30日 代表者コラム:笑顔で得する動物

2012年3月30日 代表者コラム:別れと出会いの季節

本日は、3月最終営業日。

3月は、世の中は、年度末でいろいろと慌ただしく、
また、会社や学校などでは、別れと出会いもあり、
節目の季節と感じます。


「別れ」といえば「断捨離」。

手元にあっても、あまり使うことが少ないものが、案外あるものです。
そういったものは、なかなか処分しにくかったりするものです。

最近読んだ「断捨離」の本で、
「身の回りのものは地球から借りているだけなので、
自分のところにとどめているのではなく、地球に返してあげることで、
必要な人・場所で生かされる」
という発想を得ました。

そうすると、そういったものを手放しやすくなり、
他のところにあげたり、リサイクルしたり、捨てたり、
ということがしやすくなりました。

いろいろなモノと別れることで、
新しいモノとの出会いがあるはずです。


三嶋浩太

2012年3月30日 代表者コラム:別れと出会いの季節

2012年3月29日

2012年3月29日 代表者コラム:CSRの基本

自分で会社というものを始め、
幸いなことに、いろいろなお客様から支持をいただき、
そのニーズに応えるモノを提供することで、お金をいただく、
つまり、社会に求められているものを提供することの存在意義、
これがCSRの基本なんだというのを感じています。

自分もそうでしたが、大企業の中にいると、
どうしても、そのような感覚が希薄してしまいます。
企業の大小関係なく、上のロジックは成り立ち、
企業が、社会に求められるモノを提供し、
それらを実現するために、フロント部門以外に、
企業を支える、ミドルやバックオフィス等の人々の業務がある。

そういう考え方が重要だと私は思います。


三嶋浩太

2012年3月29日 代表者コラム:CSRの基本

2012年3月28日

2012年3月28日 代表者コラム:社会のニーズ

起業された、さまざまな分野の方々にお会いすることが最近多く、
世の中、いろいろなニーズが存在し、
それらをビジネスにする可能性はたくさんあるのだと、
改めて思います。

しかし、ニーズを感じながらも、
自ら起業するには簡単に始められない
日本の風土が存在しているのも一方であり、
そのような障害が緩和されれば、
日本の社会は豊かになり、経済が元気になるはずです。


三嶋浩太

2012年3月28日 代表者コラム:社会のニーズ

2012年3月27日

2012年3月27日 代表者コラム:日経の記事に弊社・調査データが出典

昨日、3月26日付日経速報ニュースに、
「株式投資に対する投資行動に関する調査」結果を取り上げていただきました。

これは、
弊社のイベントにご来場いただく、
個人投資家の皆様に聞いた意識動向をまとめたものです。

・投資先企業の選別志向が高まっている
・20代・30代の個人投資家は「長期投資」志向
・50代以上の投資家は「分散投資」「(企業の)ガバナンス」を重視
という結果がでました。

今回のを調べてみて、特徴としては、
若い個人投資家が長期投資を好まれ、
シニアの個人投資家は、資産を目減りさせないか、という点を重視し、
年齢と逆行する投資期間の余裕度により、
投資リスクの許容度の差が現れていると考えられます。

詳しくは、
http://www.tuvalu-forest.jp/news/pdf/20120326_press_surveyenq.pdf

三嶋浩太

2012年3月27日 代表者コラム:日経の記事に弊社・調査データが出典

2012年3月27日 担当者コラム(YO):役人も人の子

今月3月は、いわゆる年度末で、
当社は補助事業の締め切りで大忙しです。

補助事業は、広辞苑程の厚さにもなる報告書を提出し、
審査を経て、問題が無ければ、晴れて事業の精算となります。

しかし、この報告書がまた厄介な代物で、
当然のことながら、きびし~いチェックが入ります。

そのため、
指摘を受ける・修正対応をする
といった、繰り返し地獄に陥りがちです。

でも、当社が関わる案件では、決してそうなることはありません。

なぜか?

答えは簡単です。
初回からかなり高いクオリティで提出することで、
役人の方々に対して高い信頼を印象づけ、
疑心暗鬼に陥る余地を与えないのです。
役人も人の子ですからね。

(YO)

2012年3月27日 担当者コラム(YO):役人も人の子

2012年3月26日

2012年3月26日 代表者コラム:使用済み切手が続々と

先日、使用済み切手を森林再生を行う、
「Stamp To Tree」のことを、新聞で取り上げていただき、
使用済み切手をお送りいただく方が、多数現れま始めています。

お送りいただきました切手は、
きちんと、森林再生に使わせていただきます。

後日、枚数等をご報告させていただきます。

三嶋浩太

2012年3月26日 代表者コラム:使用済み切手が続々と

2012年3月23日

2012年3月23日 代表者コラム:ニホンザル@上野動物公園



上野動物公園のニホンザルの山にて、
心地よさそうな、おサルさんに遭遇。

日本人なら共感できるな仕草。

三嶋浩太

2012年3月23日 代表者コラム:ニホンザル@上野動物公園

2012年3月23日 代表者コラム:会社にMacが登場


とある用途のため、Macを入手。
大学生ぐらいまでMac(ジョブズ復帰前で、今ほど面白みがなかった時代のもの)を使っていて、当時は頻繁にフリーズしていた印象がありましたが、久しぶりに使ってみると、そういう使いにくさが改善され、新鮮な感覚です。

Windowsのマウスに慣れてしまうと、Macのはちょっと違和感が。。。

三嶋浩太

2012年3月23日 代表者コラム:会社にMacが登場

2012年3月22日

2012年3月22日 代表者コラム:CSRセミナー

CSRというと
寄付・環境保護とか、そういうイメージがありますが、
私は、「事業を通じていかに社会との共存ができるか」
別の言い方をすれば、
「その会社が社会から感謝できているかどうか」
と考えています。

その実現のためには、
企業の業種・業態により、いろいろな方法があり、
その分、自由度が高いのがCSRだと考えています。

先日、企業のCSR担当者向けにCSR基礎セミナーを実施し、
改めて、そう感じました。

三嶋浩太

2012年3月22日 代表者コラム:CSRセミナー

2012年3月21日

2012年3月21日 代表者コラム:ESGについて その2

ESGについて その1 からのつづき)


短期的収益に志向性が高まり、、株式市場に不祥事等の企業が現れた
この反省から、2006年より「財務・収益等の業績」以外に、
「環境」「社会性」「ガバナンス:企業倫理」といった視点も、
投資評価に組み込むような運動が、国連を中心に始まりました。

2006年の開始時には33機関2兆円の運用資産額で、
直近の2011年10月頃では915機関・30兆円と、
遵守する投資家が増えて来ています。

(しかし、日本では、この考えに遵守していると宣言しているのは、
まだ少ないのが現状です。)

(つづく)

三嶋浩太

2012年3月21日 代表者コラム:ESGについて その2

2012年3月16日

2012年3月16日 代表者コラム:気になる文章

「新しいあたらしいといっても、究極の新しいものというのは何一つないのだ。新しいものは、古いものからのみ生み出されるのである。
(中略)
この、わかりきっている一事を世界の人間たちが再認識せざるを得ない時代がやがてやってくるにちがいないと私はおもう。」

上は、最近目についた文章で、池波正太郎のエッセイに出てくる一節。

司馬遼太郎も、そうですが、
考証材料を集め、多くの時代小説を書き続けてきた方々は、
時代を超えて、人類に共通する事項を見出していたのではないかと思います。


三嶋浩太

2012年3月16日 代表者コラム:気になる文章

2012年3月16日 担当者コラム(YO):ある補助金申請書が、ダントツの評価を頂きました

ある補助金申請書が、ダントツの評価を頂きました!

このBlogの中でも少しずつ紹介している補助事業で、
先日、今年初めに提出した補助事業の結果を頂きました。

もちろん、通過です!(パチパチ)

しかも、なんと嬉しいことに、当該省の担当の方から、
「数十件応募があった中で、1番の評価。ダントツでしたね」
との御言葉。

補助事業は、申請書が通って初めてスタート出来るわけですが、それがなかなか難しい。
ツバルの森にも、ようやくナレッジが溜まってきました。
この事業、まずはこれから1年しっかり取り組んで、
申請内容以上の実のある結果を残せるよう、頑張ります!

(YO)

2012年3月16日 担当者コラム(YO):ある補助金申請書が、ダントツの評価を頂きました

2012年3月15日

2012年3月15日 代表者コラム:ESGについて その1

「ESG」という単語をご存知でしょうか。

これは、株式投資の際に企業を評価する新しい見方です。

2000年代の前半、株式マーケットが好況で、
ホリエモン、村上ファンドなどが台頭していた時代、
投資家は企業に対して収益重視の要求が強く、
企業もそれに応えようとしていました。

そのために、
「本国の社員をカットし、安価人件費の地域で生産する」
「財務的操作で見せかけの利益を作る」
など、企業倫理を度外視した行動する企業も現れました。

そうした中、企業不祥事が発覚し、
エンロンやワールドコム、日本企業中で、
活動を停止した企業があります。

(つづく)

三嶋浩太

2012年3月15日 代表者コラム:ESGについて その1

2012年3月14日

2012年3月14日 担当者コラム(ST):他の個人投資家向けIRイベントの感想

先日、他団体主催の個人投資家向けIRイベントに行ってきました。

会場内イベントが充実していて、
若手、女性、親子など幅広い個人投資家が楽しめる形になっていました。

仕事帰りのビジネスマン・ビジネスウーマンが参加しやすいように
開催時間も夕方以降まで延ばしていたようですが、
当日はあいにくの雨で、来場者数の伸びが厳しいそうで、残念でした。

弊社主催のIRフォーラム東京でも魅力的なコンテンツや集客面などを改善しつつ、
新しい個人投資家層を引き込める方法を考えていきたいと思っています。

(ST)

2012年3月14日 担当者コラム(ST):他の個人投資家向けIRイベントの感想

2012年3月14日 代表者コラム:朝型スタイル

夜残業で1時間するよりも、朝1時間早めに仕事をした方が、生産性は高いと思います。
もともと、学生時代から、深夜ではなく、早朝に試験勉強などを行っていて、
早朝の時間は世界に自分一人しか起きていないというような優越感で、
勉強などがはかどっていた記憶があります。
(実際には、他にも誰か起きている人はいるわけですが。)

作家・村上春樹氏も似たような考えで、
早朝4時から小説を書いているという記事を雑誌で読んだことがあります。


三嶋浩太

2012年3月14日 代表者コラム:朝型スタイル

2012年3月13日

2012年3月13日 代表者コラム:使用済み切手回収中

一般者参加型のソーシャル・エコ プロジェクト
「切手を木にしよう Stamp To Tree」を、今月より開始しました。

これは、お手元のハガキやお手紙等にある、使用済み切手をお集めいただき、
ツバルの森へお送りいただくことで、森林再生につながるプロジェクトです。

先日、弊社主催イベントでお声掛けしたところ、
多くの方にご協力いただき、けっこうな数の切手が集まりました。
写真はその一部です。



参加無料で、法人・団体・個人でご参加いただくことができますので、
皆さまも、お気軽にご参加ください。

詳細:「切手を木にしよう Stamp To Tree」のURL
http://bit.ly/zckJX6

三嶋浩太

2012年3月13日 代表者コラム:使用済み切手回収中

2012年3月12日

2012年3月12日 代表者コラム:3.11

3.11から1年。
今なお解決が見えていない、大震災と原発問題。
環境分野で事業を行っている弊社・ツバルの森は、
この事象に対して、何ができたかと問われれば、
ほとんど何も提供ができていないと答えるしかないのが現状で、
自分たちの力不足を痛感します。

環境問題は、言い換えれば「地球との共存のあり方」であり、
そういうあり方の実現に向けた、something new を提供できればと思います。

三嶋浩太

2012年3月12日 代表者コラム:3.11

2012年3月9日

2012年3月9日 担当者コラム(ST):IRフォーラム2012大阪、無事終了しました

弊社・ツバルの森主催で、今週末3月3日に、
関西最大規模の個人投資家向けIRイベント
『IRフォーラム2012大阪~環境・安心・豊かなくらし~』
を開催しました。

皆さまのご協力のおかげで無事終了することができました。
ご来場いただきました皆さま、ご出展いただいた企業さま、
ありがとうございました!

天気:晴れ
来場者数:891名(速報値)




イベントは全体を通して大盛況で、
セミナー質疑応答で個人投資家の皆さまからかなり深く突っ込んだ質問が出る、など
出展企業さま、個人投資家の皆さま双方にとって、有益なコミュニケーションの場となったようで、
主催社として、大変嬉しく思っております。

個人投資家の皆さまからいただいた、アンケート結果やご意見等は、
今後のIRフォーラムの運営や、
出展企業さまの個人投資家向けIR活動の改善のご支援に
活かしていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。

(ST)

2012年3月9日 担当者コラム(ST):IRフォーラム2012大阪、無事終了しました

2012年3月9日 代表者コラム:ネーミングの重要性

とあるイベントにて、福島県・喜多方市が出展されていて、
お話をお伺いすると、1年前の3.11に伴う原発問題で、
「福島」という名前が発電所についていたがために、
県全体に対するイメージにも影響し、
今なお、いわゆる風評被害が続いている状況とのことです。

写真は、安全性を訴え、サンプル頒布していたお米です。


たとえば、これが、地元名の「双葉原子力発電所」という施設名であったならば、
このような被害が最小限になり、違う結果にもなったかもしれません。

弊社も「ツバル」という国名を入れさせていただいておりますが、
このようなネーミングは、その命名者・利用者の責任さを感じ入ります。

三嶋浩太

2012年3月9日 代表者コラム:ネーミングの重要性

2012年3月8日

2012年3月8日 代表者コラム:イベントの臨場感

先日、東京国際フォーラムで開催された環境系イベントに、一般来場者として、参加してきました。

ところが、会期中の人が最も入っているべき時間帯で、
写真のような状態で、来場者がすこし少なく、出展団体の担当者も手持ち無沙汰感が。。。



こうなる事態としては、「運営会社の集客対応」「来場すべき人の関心度合い」「天候」などが原因に考えられ、今回は何が原因かは置いておいて。。。

弊社自身も、主催者としてイベントを開かせていただくこともあり、
こういう風に一般者の視点で見ると、
活気の有無は、その雰囲気に対する満足にも影響し、
改めてイベントの臨場感の大切さを感じ入りました。

三嶋浩太

2012年3月8日 代表者コラム:イベントの臨場感

2012年3月7日

2012年3月7日 担当者コラム(SK):補助金活用事例:日本伝統食材業界の活性化

現在、弊社・ツバルの森では、
伝統食材業界団体様を事業主体に、
厚生労働省の平成23年度の補助事業を活用したプロジェクトを行っています。

これは、同業界の平均賃金向上を目的としたもので、
全体統括委員会を設置し、
業界内外講師を招いてのセミナーや製造技術向上の研修会、
消費者の方々に商品特性をご理解頂くコンテンツの開発、
時代変化に対応した新しい構想の立案などを進めています。

その伝統食材業界では、
今週3月10日・11日に東京ビッグサイトでフェアを開催予定です。
フェアでは、本事業で得られた知見や対策を活かした活動も予定しています。

(SK)

2012年3月7日 担当者コラム(SK):補助金活用事例:日本伝統食材業界の活性化

2012年3月7日 代表者コラム:朝型の生活スタイル

私は、ここ2年ほど、午前4時頃に起きる生活になっています。
起きてから午前7時までが自分のこと・家のことを行う時間で、少し休み、
それ以降は会社のことを行う時間に別れていて、
1日が2回あるような感じです。

自分で会社を始めると、公私の時間を分けることが難しく、
自由な時間を持つとしたら、空いている時間帯で時間を自分で作り出すしかなく、
結果的にこのような習慣になっています。


三嶋浩太

2012年3月7日 代表者コラム:朝型の生活スタイル

2012年3月6日

2012年3月6日 代表者コラム:かわいい姿ながら こわい食中植物


ハートのようで、かわいい形をしていますが、
こう見えても、食虫植物の一種で、「モウセンゴケ」という名前。
葉にある粘毛から粘液を分泌して虫を捕獲します。

食虫植物は、日光や水は十分であるが、窒素やリン等が不足している、
いわゆる痩せた土地に生息するものが多く、
不足する養分を捕虫によって得るようになったようです。

まさに生物の生存環境への適合の変化。

撮影場所: 夢の島熱帯植物館


三嶋浩太

2012年3月6日 代表者コラム:かわいい姿ながら こわい食中植物

2012年3月5日

2012年3月5日 代表者コラム:大学の底力

ふと母校の大学をみると、気候変動やエネルギーなどの社会的問題の解決に向けて、大学内にある知を使い、学部等の垣根を超えた、横断的な組織体制で解決策を試みる、そんなプロジェクトをやっていました。
 先日、その成果報告会的なシンポジウムがあり拝聴して、技術や政策、基礎的な技術を応用的な利用に展開するなど、提示される解決方法のバリエーションさに、大学というリソースの奥深さを改めて感じました。

三嶋浩太

2012年3月5日 代表者コラム:大学の底力

2012年3月2日

2012年3月2日 担当者コラム(SK):補助金を活用した社会的問題解決

社会的問題解決に対して、
補助金を活用した事業推進できる仕組みご存知ですか?

今まで、詳しくお伝えしてきませんでしたが、
弊社・ツバルの森は、国や自治体の補助金を活用して、
環境・食・地域等の社会的課題に対して、
その当事者の方々と解決のお手伝いをいくつか進めてきました。
具体的には、
・日本の伝統食材の製造小売業の活性化
・地方におけるご当地グルメの開発
などです。

これから新しいプロジェクトも2件ほど始まります。

それらの進捗や、タイムリーな補助金情報(国・自治体等)や補助金活用のコツなどを
この場で、ご紹介できればと思っています。

(SK)

2012年3月2日 担当者コラム(SK):補助金を活用した社会的問題解決

2012年3月2日 代表者コラム:大阪での個人投資家向けイベント開催

今週末、明日3月3日、大阪にて、
個人投資家の皆さまにお集まりいただく「IRフォーラム2012」を開催をします。

大阪では、2010年から始めて、3回目の開催で、
11社の企業様によるセミナー、
株式講演・特別講演などの内容を予定しています。

いろいろな地で開催していて、
中でも大阪の個人投資家は、非常に熱心な印象があります。
すでにセミナーお申し込み者多数で、お申込み受付が終了となっていて、
現時点でセミナーの聴講のお申し込みを新たに受けることはできませんが、
ご興味ある皆さまは、次回等で、ぜひご参加いただければと思います。


イベントURL
http://www.tuvalu-forest.jp/event/irforum2012osaka/

三嶋浩太

2012年3月2日 代表者コラム:大阪での個人投資家向けイベント開催

2012年3月1日

2012年3月1日 担当者コラム(ST):IRフォーラム2012大阪、間もなく開催です!


弊社・ツバルの森主催で、今週末3月3日に、
関西最大規模の個人投資家向けIRイベント
『IRフォーラム2012大阪~環境・安心・豊かなくらし~』
を開催します。

お陰さまで、
個人投資家の皆さまからのご支持を受け、
イベントご参加に多数のお申込をいただき、
事務局一同、嬉しい半面、改めて身が引き締まる思いです。

今後も個人投資家の皆様に、
「また、参加したい!」と思って頂けるよう、
より魅力的な個人投資家向けイベントの企画・運営を目指しております。

そんな思いから、
「個人投資家の皆さまが、このイベントに参加いただき、どう思われたか」など
実は、全体プログラムのアンケート質問数が、
従来よりも若干多めになっています・・・・。

皆さまからいただきます、
一つ一つの意見をしっかり読ませていただきますので、
ぜひ、ご協力頂けましたら幸いです。

それでは、皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

お気をつけてお越しくださいませ!


---<< 以下 P R >>---<< 以下 P R >>---

ライオン、伊藤園などの大手優良企業や関西の有力企業が多数出展!
IRフォーラム2012大阪、間もなく開催です!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  IRフォーラム2012大阪~環境・安心・豊かな暮らし~
  http://www.tuvalu-forest.jp/event/irforum2012osaka/
  2012年3月3日(土)10時30分~17時 大阪国際会議場
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

(ST)


2012年3月1日 担当者コラム(ST): IRフォーラム2012大阪、間もなく開催です!

2012年3月1日 代表者コラム:「tf-voice」Blogはじめます


この「tf-voice」(「ツバルの森の声」という意味で、「Tuvalu-Forest Voice」の略 )サイトにて、現場の声を紹介するということを始めます。

弊社の活動は、ホームページ等を通じて、いくつかお見せしていますが全てを出しているわけではなく、「何をやっている会社なのか」と尋ねられることがよくあります。

実際は、いろいろ分野のことをおこなっていて、今の段階で、それらをホームページ等でお見せするほど、整理できていなく、また日々変化しているというのが現状です。

そこで、弊社のスタッフ等が、現場で今現在やっていること・考えていること等をblog形式でお伝えすることにしました。

ツバルの森の疑問の解決や活動内容への共感が生まれ、「環境」「ソーシャル・ビジネス」といった領域に関心を持ってもらえればと思います。

三嶋浩太

2012年3月1日 代表者コラム:「tf-voice」Blogはじめます