ページ

2012年3月16日

2012年3月16日 代表者コラム:気になる文章

「新しいあたらしいといっても、究極の新しいものというのは何一つないのだ。新しいものは、古いものからのみ生み出されるのである。
(中略)
この、わかりきっている一事を世界の人間たちが再認識せざるを得ない時代がやがてやってくるにちがいないと私はおもう。」

上は、最近目についた文章で、池波正太郎のエッセイに出てくる一節。

司馬遼太郎も、そうですが、
考証材料を集め、多くの時代小説を書き続けてきた方々は、
時代を超えて、人類に共通する事項を見出していたのではないかと思います。


三嶋浩太

2012年3月16日 代表者コラム:気になる文章